2007年3月5日月曜日

Remember The Milkがすごく使いやすくなっている

 半年くらい前(2006年7~8月くらい)に一度試してみたんだけど、Googleカレンダーとの連携がいまいちな点や、Firefoxで使っていると(期限切れでもないのに)すべてのタスクが太字になってしまったり、Google Personalized Homeに組み込む方法がタスク公開+RSSしかなくって、しかも完了済みタスクも全部出てしまって区別がつかなかったりとか、細かな使い勝手がイマイチな点が目に付いて結局使うのをやめてしまった。
 が、日経Trendyで紹介されていたのをきっかけに、久しぶりにもう一度見てみると、かなり使いやすくなっている。細かい点はITMediaが詳しいので書かないけど、なんといってもGoogleカレンダーとの連携がかなり改良されたのが大きい。昔の連携方法と違って、タスク自体は公開しなくてもOKだし、UIも単なるカレンダー表示ではなく、ちょっとしたタスク管理もできるすぐれもの。読み込みが少し遅いけど、まぁ許容範囲。

 さらに、Google Personalized Home用のGadgetが新規開発されていて、これがまたかなりいけてる。タスクのビューは見やすいし、ここでも簡単な管理ができる。基本的にはGoogleカレンダーでの表示と同じかな。こいつの追加方法はITMediaにはないのでRemember The Milkのヘルプドキュメントから。Add To Googleのボタンを押せばOK。

 最後に、細かい機能だけど気に入ったのが、メッセンジャーによる通知。メールでの通知もありがたいけど、僕の場合はメールが大量に届くので、メール着信通知をあまり目立たないようにしている。なので、タスクのリマインダーがメールで届いても、気づかないことが多かったりする。メッセンジャーによるポップアップだと音も大きくできるし、気づきやすい。Google Talkあたりにすると、家でも職場でも使いやすい。なんならSkypeでも良いし。ただし、これを使う場合はRemember The Milkが用意した通知用ユーザーを自分のコンタクトリストに追加する必要がある。追加ユーザー名は今のところヘルプにも載っておらず、設定時に一瞬表示されるだけなので一応ここに書いておきます。

Google Talk:rtm.remind@gmail.com
Skype:rtmremind


というわけで、わざわざ作らなくてもRemember The Milkで十分になってしまった。うれしいような、そうでもないような…。


ITMedia:
Remember The MilkのタスクがGoogle カレンダーに表示可能に

Remember The Milkに「場所」機能が追加、携帯対応も

Remember The Milkのリマインダー、Skypeに対応

0 件のコメント: