2007年1月7日日曜日

Wiiリモコンに見る、オープン性とコミュニティの力

Wiiリモコンは、Bluetoothという仕様がオープンでわりと広く使われている無線通信方式でWii本体と通信していて、BluetoothアダプタさえあればWindowsやMacなどのコンピュータとも簡単に通信できる。
このようなオープン性から、世界中のDIY大好きな人たちが、すぐに思いつく、実用的なものから、意味不明なものにまで次々にWiiリモコンを活用しはじめている。

具体的には、WiiリモコンをPCマウスとして使うWiinRemoteや、Wiiリモコンによるラジコン操作、果てはWiiリモコンでホームシステム(空調や照明など)をコントロールする人まで現れている。Wii本体は買わず、Wiiリモコンだけ買っている人もいたりする。

また、WiiでOperaブラウザが動くことを利用して、Wii用のサイトを作る人や、ホームネットワーク内のリソースをWiiに対して公開するソフトを開発・販売する人も出てきている。

最近は、シンプルな機能しか持っていない製品やサービスでも、拡張性などで(有償・無償問わず)人を集めることさえできれば、元の製品やサービスを最大限生かした周辺製品が次々に開発され、総合的にはどんどん魅力的な製品に仕上がっていく例がたくさんある。プラグインで成功したFirefoxや、無料のSDKでユーザーを増やし、オープンソースソフトウェアのコミュニティを増やしつづけた結果、総合的には非常に魅力的なプラットフォームになったJavaが良い例だろう。そのうち、WiiショッピングチャンネルやSDカードのハックに成功して独自のWiiチャンネルを割り込ませる人が出てきて、Wii上で動くソフトウェアはどんどん増えていくだろう。Nitendo DSのハックもかなり進んできていて、オフィシャルな魅力とは別に、DIYの対象としてもおもしろくなってきている。
反面PS3は、Linuxが動くだけでは単なる変わったPCにすぎず、PS3のプラットフォームとしての魅力を高めることはできないだろう。出来の良いブラウザも搭載されているが、PS3コントローラでの操作というのはリビングにはまったく向いていない。リモコンというメタファーがリビングへの同化を自然なものにしているWiiとは、DIYの対象としてはしばらく勝負にならないだろう。コアゲーマー向けのイメージを作ってしまったこともマイナスに作用している。
XBox360は、開発環境をPCと同じ .NET Frameworkに統一したことがどこまで吉と出るかだろう。VisualStudio.netは安価なバージョンも用意されているが、やはり有償であることが大きなネックになる。昔と違い、企業ユーザー以外にMSの開発環境を使っているユーザーもあまり多くない。現状の.NET開発コミュニティの少なさから見ても、多くのコミュニティを作り出すことは難しいだろう。

総合的にはこんなイメージ:
Wii
  • リモコンとチャンネルのメタファーがリビングへの同化を後押し、リビングへの独自機能追加欲求からDIYコミュニティの盛り上がりが期待できる(すでに盛り上がってきている)
  • WiiリモコンのハックしやすさがDIYにプラス
  • OperaブラウザのFlashやAjaxへの対応がDIYにプラス
  • ショッピングチャンネルへのハックもはじまっており、独自チャンネルが追加できるようになる可能性も高い
PS3
  • CM、価格、コントローラから受ける、コアゲーマー向けのイメージが幅広いコミュニティ形成にマイナス
  • Linux対応により、コアなコンピューターユーザの取り込みは可能
  • PS3メニューのハックポテンシャルが低い(現状では、このようなイメージ)
XBox360
  • .NETベースの開発環境を用意したことで、一部の開発者を取り込むことは可能。ただし、どちらかというとゲームメーカーへの恩恵だけが大きく、DIYな人への影響はあまり大きくないだろう
  • Movieダウンロードが好評で、リビングでの必須アイテムになる可能性あり
  • ほか、さわったことないからよくわからない
まぁ、書いててわかるけどWii派ですね…僕は。

0 件のコメント: