2007年1月13日土曜日

Enterpriseシステム開発のための環境

Javaは成熟度を高めつつ急激に変化が鈍くなってきており、Enterpriseなオンライン系Webシステム開発手法はかなり枯れてきている。そこそこのものをそこそこのコスト・時間で開発するためのセオリーはほぼ確立されてきている実感がある。しかし、視界の端の方にはさまざまな変化の兆しが見えている。
Rubyをはじめとするスクリプト言語が徐々に勃興し、DIコンテナはマイナーチェンジを繰り返しつつ無視しがたい機能を搭載しはじめており、Ajaxの台頭も横目に見える。Eclipse一強体制だった開発環境は、NetBeansの復活とEclipseの過剰な複雑性によって多様化の道が見え始めた。

直近の問題として、Antに変わるMaven、複雑性を増すばかりのEclipse、NetBeansを現場でどう使うかを一度把握しておきたい。
まず、EclipseのWeb開発環境の作り方から。
ってわけで、まずはEclipse.orgからEclipseの3.2.1をダウンロード。SoftwareUpdateやってみるとパッチが入ってたので、パッチもインストールして再起動。本体のインストールはこれにて終了。

0 件のコメント: