2007年1月13日土曜日

素のEclipseにWTPを追加

まずはWeb開発の基本、WTPのインストール。
昔は、Software Updatesで配布されていないようなJAR(Axisとか)に依存していて、事前にかき集めてインストールする必要があった。プラグインやFeatureのJARをダウンロードしてコピーするか、SoftwareUpdatesで数回クリックするだけ、というEclipseプラグインの標準インストール手順とはほど遠い面倒くささだった。手動でインストールする気が起きず、All-In-Oneをインストールしてた人も多いのでは?

今は、SoftwareUpdatesで後から追加できるみたい。
Help→Software Updates→Search for new features to installで、
Callisto Discovery SiteをチェックしてFinish。
Updates Site Mirrorsの画面が出るので、近そうなところをクリックして、OK。
すると、Updatesの画面でFeatureの一覧が出る。
Web and J2EE Devlopmentノードの中にWTP二人組を発見。
とはいえ、こいつらをインストールするにはかなりの数の依存プロダクトをインストールする必要があり、今回もパズルみたいだ…インストールするには、以下のものにチェックを入れる。

■Enabling FeaturesApahe
  • Batik
■Graphic Editors and Frameworks
  • Graphic Editing Framework-2.2.1
■Models and Model Development
  • Eclipse Modeling Framework(EMF)-2.2.1
  • XSD Schema Infoset Model-2.2.1
  • EMF Service Data Objects-2.2.0
  • Java EMF Model-1.2.1
■Web and J2EE Devlopment
  • Web Standard Tools(WST)-1.5.1
  • J2EE Standard Tools(JST)-1.5.1

で、Next。あとはおなじみのインストールプロセス。最後にEclipseを再起動してインストール完了。バージョン0.xの頃に比べると、ずいぶん簡単になりました。

0 件のコメント: